ビットコインは安全な仮想通貨

ビットコインが日本で知名度を高めたのは2014年のことです。
しかし、その登場は喜ばしいニュースではなく、マウントゴックス社が破綻したというニュースだったのです。
日本に本社を置くマウントゴックス社は、世界で最大取引所でした。
490億円相当が盗まれたというニュースが流れ、その金額の大きさにメディアが大きく反応したのです。
マウントゴックス社が破綻したことによって、ビットコインは盗まれたり消えたりしてしまう信用のできないものだというイメージが定着してしまった方ですが、実はそれは誤解です。
銀行に預けているよりも盗むのは難しいですし、なくなることはありません。
変動が大きいという意味ではリスクはありますが、多くの人が思っているような怪しいものではないのです。
では、銀行に預けておけば安心なのかというと、そうは言い切れないのが現状です。
銀行のセキュリティは強固ですが、すべてのデータが失われる可能性は否定できませんし、電子的なセキュリティ以外にも脅威は存在します。
銀行にしてもほかの金融機関にしても、それを集中的に管理しているところが狙われれば、資産を失ってしまう可能性があります。
ビットコインの場合、分散して管理をしていますから、基本的にはなくなることはありません。
IDとパスワードさえ管理をしておけば、絶対になくなることはないという意味で、銀行に預けるよりも安心だと言えるでしょう。