交通事故の後遺症治療に対応するというと

自動車に乗っているもしくは、道路を歩くなど屋外にでてくるならば、誰もが交通事故の被害者、もしくは加害者になる可能性を秘めていると言われています。
自動車同士の衝突事故などの場合は、かなりの衝撃が首にかかったりすることがあり、その場では何とも異常がなくても、後になってから首をむちうち症になったりすると言われます。
むちうち症など交通事故の後遺症を治療すると言っても、事故対応などとの絡みに関して、対処するノウハウをもっている病院や整骨院などは数少ないと言われています。
ですから、交通事故の後遺症で治療が必要になったという場合には、保険会社に相談するのはもちろん、相談の時に、後遺症の治療などに対しても対処できる病院などを教えてもらうようにした方がいいので、しっかりとメモに控えておく必要があるのです。

http://www.tsubaki-kawaguchi.jp/c04.html