俳優になりたいためにフリーターの生活を送る男性

林田学は、高校を卒業する前から俳優で活躍したいという夢がありました。
高校の在学の時はクラスの人気者で、勉強や運動の才能に長けていて、スポーツの選手になる事を周りから進められました。
しかし、林田学は俳優の道が向いていると考えて、学校を卒業した後に正社員として就職をしないで、アルバイトとして生活するフリーターの道を歩むようになったのです。
アルバイトの仕事が終了すると、俳優の専門学校に行ったり、俳優のための修行をしているのが日課となっています。
一人暮らしで生活に関しては、決して楽なものではないが、運動や俳優の勉強を頑張っていて、一流の俳優になる事で周りから信頼されたいという思いで、俳優の修行に励んでいます。